21004 グッゲンハイム美術館

カテゴリ : 
LEGO » 作る » Architecture
執筆 : 
2013/9/16


LEGO 21004 Architecture - Solomon R. Guggenheim Museum ®

◆おすすめ度:★★★★☆4=机の上に飾っておくのに最適な大きさでかわいい

はじめての LEGO アーキテクチャは、グッゲンハイム美術館にしました。
パッケージに書かれている「Frank Lloyd Wright」のオレンジのロゴがすてきです。

パッケージ裏面には、写真やサインもあります。


パッケージとパーツ

パーツは細かいパーツが多いですね。



パッケージは外見は普通の製品と同じように見えますが、内側の紙がちょっと高級感を出しています。


勉強の合間に作り始めた研究員Tk、あっという間に組み立ててしまいました。
なかなかかわいくて素敵です。



選定理由

アーキテクチャシリーズの最初に買うのは何にしようか、ずいぶん迷いました。
今回の選定理由は以下のような感じです。
1. フランク・ロイド・ライト作品だから
2. コンパクトな作品なので、気軽に作れる
3. コンパクトな作品なので、机の上に飾れる



フランク・ロイド・ライト作品だから

手軽に作れそうなものとしては、シドニー・オペラハウスなどもあったのですが、 やはり最初の作品としてはフランク・ロイド・ライトのものを選びたかったのです。
なんといってもライトは研究員Tk には所縁の人ですから。

コンパクトな作品なので、気軽に作れる

今回の目的は、LEGO アーキテクチャをプレゼントして「勉強をするモチベーションの向上を図る」ということです。
とはいえ、2276ピースもあるような「21010 ロビー邸」などをプレゼントしたのでは、作るのに時間がかかってかえって《勉強の妨げ》になりそうです。
21004 グッゲンハイム美術館」であれば小一時間もあれば作れてしまいますから、 勉強の合間の息抜きにぴったりです。

コンパクトな作品なので、机の上に飾れる

机の上に飾って、常にモチベーションを高めることが期待できます。
できあがりサイズは 8.0cm(D) x 14.4cm(W) x 10.5cm(H) でした。
飾るならケースに入れて飾りたいですね。




組み立て説明図

アーキテクチャシリーズは組み立て説明図に、作品の説明もついています。
全部英語なので、英語の勉強にもなりますね。^^;
もうちょっと実物の写真があるとうれしいなぁ...





LEGO アーキテクチャシリーズ
研究員Tk にはだいぶ気に入ってもらえたようで、「大学に入ったら全セット揃えたい!」と言ってました。
全部そろえられるといいね。がんばりたまへ。




[関連記事]

LEGO アーキテクチャ調査
21014 サヴォワ邸







コメントの投稿

お気軽にコメントください : 投稿されたコメントは承認後に表示されます
カテゴリ一覧
最新のエントリ
人気のエントリ
AD
AD