LEGO 8068 レスキューヘリの改造

カテゴリ : 
LEGO » 改造
執筆 : 
2012/3/11


出来上がった 8086 レスキューヘリをかっこいいなぁ、と眺めていたら、カーゴルームがやたらと開いているのが気になってきました。
もしかしてここにバッテリーとかモーターとか仕込むと、プロペラをモーターで駆動できるのではないでしょうか?


これはきっと誰かやっているに違いない、と思ってネットで検索したのですが、とりあえず見つけたのは↓だけでした。
lego 8068 with rc-motor (Youtube)

雨で暇だったので、あまり自信はないのですがとりあえずチャレンジしてみようと、研究員Yを誘って作ることに...
まずはどこにモーターをつけるか考えなければなりません。
ギヤ比は仕込むサイズを最小にできるので1:1でいいか...と思いながら、モーターを仕込む場所を考えていると、隣で研究員Yと、さらにはどこからかやってきた研究員Tkが勝手にモーターにギヤをつけてまわしています。
高速に回転させたいらしく、ギヤ比は12:20 になっています。


もう彼らはこのギヤ比に決めたようで、仕方なくこのギヤの入る場所を探ることになりました...

カーゴルームは電池ボックスで一杯になりそうでしたが、 ふと見ると、ヘリの屋根の上に丁度モーターが置けそうな場所が...


これはもう、この場所で作るしかないでしょう。
モーターを置いたはいいものの、固定の仕方を思いつかないでいると、研究員Tkがちゃちゃっと固定のための仕組みを作ってくれました。さすが...

バッテリーボックスを縦に入れるためには少しだけカーゴルームは狭く、「横に入れてもいい?」と日和ろうとしたのですが、研究員Yに却下されました。
仕方なく、こまごまと支柱の移設などを繰り返して、無理やりバッテリーボックスを収めました。


さて、バッテリーボックスのスイッチを入れると、見事にローターが回転しました。
いやぁ、うれしいなぁ...と感動していると、研究員YがどこからかIRセンサーを持ってきて、リモコンで回転を制御できるようにしてしまいました。
どうやら8043ショベルカーから失敬してきたようです。
仕方がないので、これもどこかにうまく付けられないかなぁ...と眺めていると、これまたうってつけの場所が見つかりました。

そしていつものように、8870 LEDライトをとりつけて... ^^;
ということで、できたのがこれです。

関連記事

8068 テクニック - レスキューヘリコプター
LEGO 8068 レスキューヘリの改造(2)




コメントの投稿

お気軽にコメントください : 投稿されたコメントは承認後に表示されます
カテゴリ一覧
最新のエントリ
人気のエントリ
AD
AD